ハウスクリーニング後のチェックポイント

家事や仕事に追われて自宅の片付けや掃除ができない人達から人気を集めているのがハウスクリーニングです。以前はハウスクリーニングを行っている業者の数がそれほど多くありませんでしたが、現在は利用したいと考えている人が増えたので業者の数も増えました。ハウスクリーニングを行う事になると、業者に依頼をして日程を決めて、当日は自宅の中に業者が入ってきてから作業をする事になります。掃除や片付けを依頼しているとはいえ、自宅に他人が入ってくる事に抵抗がある人は少なくありません。不安を解消する為には、作業が終わった後にいくつかの項目をチェックしておく必要があります。チェックを怠ってしまうと、作業内容について業者とトラブルになってしまう事もあるので注意が必要です。トラブルを未然に防ぐ為にも、ハウスクリーニング後のチェックポイントについて知っておきましょう。

作業が終わったら貴重品のチェックをする

どこの家庭にもインテリアや家具が置いてあります。中には高価な物をインテリアや家具として配置している家もあります。ハウスクリーニングを依頼する際には、業者が来る前に貴重品は目の届かない場所に保管しておく必要があります。業者によっては家主が見ていない間に貴重品を盗み、持ち帰ってしまうという事例もあります。このようなトラブルを防ぐ為にも、目の届かない場所に保管しておく必要がありますが、きちんと保管してあるからといって安心しない事が大切です。作業が終わったという報告があったらできるだけ早く、貴重品を紛失していないかチェックするようにしましょう。作業が終わって時間が経ってしまうと、貴重品を紛失したと業者に報告しても対応してくれない場合があります。貴重品の盗難や紛失に可能な限り早く気付く為にも、貴重品のチェックは怠らないようにしましょう。

掃除や片付けを依頼した場所を確認する

ハウスクリーニングを依頼する人の多くが、業者に依頼すれば完璧に業務を行ってくれると思っていますが、実はそうではありません。ハウスクリーニングを行うスタッフは、掃除や片付けの専門的な技術を身につけていますが、業務内容によっては知識不足で完璧に掃除や片付けができていない場合があります。ハウスクリーニングが終わってしばらくしてから、掃除や片付けをしてもらった場所に不満があると業者に伝えても再び作業をしてくれない場合があります。しかし、作業が終わってすぐであれば家主が不満に思う箇所でもう一度作業をしてもらう事が可能です。不満があった場合、再び作業をしてくれるかどうかは契約の内容にもよるので、契約する際には確認を忘れてはいけません。ハウスクリーニングを依頼した場所のチェックは必ず行うようにしましょう。